患者様を家族と考え笑顔のあふれる医院を目指しています

一般歯科

楢原クローバー歯科の一般歯科メニュー

楢原クローバー歯科の虫歯治療への取り組み

なるべく痛くない治療を行います。

虫歯治療に対して「痛い」という印象をもたれている方は多いかと思います。当院では、患者さまが安心して治療に足を運んで頂きやすいよう、痛くない治療に取り組んでいます。例えば、麻酔を打つ時は、針を入れる前に表面麻酔を塗布し、感覚がなくなったところで極細の針で人肌に温めた麻酔液をゆっくり注入しています。患者さまから麻酔を打った事に気付かなかったとおっしゃって頂ける事もよくあります。

歯を残すためになるべく削らない治療を行います。(レーザー治療)

レーザー治療は歯周病(歯槽のうろう)や歯肉炎を改善し、当院のめざすできるだけ削らない、抜かないという理想の治療を可能にしてくれます。

治療後はいつも「つるつるの歯」です。

当院では、治療後はPMTCによるクリーニング治療を行っています。そのため、毎回治療後は汚れや細菌のないきれいな歯を実感していただけます。治療後に快適なだけでなく、ご自身のセルフケアの向上や意識付けにもたいへん有効です。

歯をけずった後に白い歯にしたい方はこちらをご覧ください

歯周病について

日本人成人の80%がかかっている歯周病

近年、口腔衛生のテーマで注目されているのが、歯肉炎、歯周病などです。
日本人の成人の80%は歯周病だといわれています。 (平成11年度厚生労働省歯科疾患実態調査調査報告書より)
歯周病は、歯そのものの病気ではなく、歯を支えている周りの歯ぐき、歯槽骨などの組織が侵される病気です。

歯周病は沈黙の病気

はっきりとした自覚症状がないために、治療が遅れ病状が進行してしまうことを、俗に「サイレントディージーズ」と呼んでいます。歯周病も「サイレントディージーズ」の一つで、自覚症状が乏しく、気づいた時には深刻な事態に陥ってしまうという病気です。歯ぐきが腫れる、出血する、口臭が気になるといった症状が一つでも現れたら要注意。そのままにしておくと歯周病になりやすいだけでなく、歯そのものの寿命を縮めてしまいます。

歯周病・虫歯の原因は「細菌」

虫歯や歯周病は身近な口の病気です。虫歯の原因は口の中に棲んでいる沢山の細菌、特にミュータンス菌です。ミュータンス菌がお米やパンに含まれている糖質から酸を作り出し、その酸が歯の表面のエナメル質を溶かしていきます。そして歯周病はプラーク(歯垢)コントロールができないことから増殖する歯周病菌が原因。プラーク(歯垢)が着いたその場所は不潔になり、歯ぐきが炎症を起こしてブヨブヨになり、そして血が出る歯肉炎となり、放っておくと歯を支えている骨まで溶かして歯が抜けてしまいます。

喫煙者は歯周病になりやすい

歯周病になる最大の原因の一つにタバコが挙げられます。喫煙者は歯周病になりやすく治りにくいのが特徴。タバコを吸うと末梢血管の収縮が起こるので血流量が減少し、酸素や栄養素が歯周細胞に行き渡りません。

生活習慣も大きな要因

糖尿病は人の細胞を全体的に傷めますし、高血圧の人は血管にコレステロールがついて血液の流れが悪くなり、細胞の隅々まで栄養素が行き渡らず弱った体になるとともに、歯周組織そのものまで弱体化させ、その状態でプラークが付着すると簡単に歯周病になってしまいます。

歯周病が全身疾患を引き起こす

歯周病と全身疾患の関連が注目されるようになったのはここ数年のことです。歯周病の細菌が血管を通って全身に回り、ここから循環器系、呼吸器系に影響を与えるというものです。特に心臓病や糖尿病との関係が深いことも明らかになっています。歯周病は歯だけにとどまらず、命さえもおびやかすといわれるのはそのためです。

例えば糖尿病患者に歯周病が多いことは以前から指摘されていましたが、ニューヨーク州立大学では、最近、歯周病併発患者にブラッシングによる歯周病の治療を徹底させたところ、血糖値が低下したことを発表しました。このことにより歯周病が糖尿病治療を困難にさせていることが明らかになりました。さらに、心筋梗塞などの心臓病でも、歯周病菌が病巣部から検出され関連が疑われています。ノースカロライナ大学は、心筋梗塞のマーカーでもあるCRPというたんぱく質が、歯周病菌が引き起こす炎症に関係していることに注目。心臓発作を起こした患者のうち、歯周病にもかかっている人のCRPがそうでない人より高いことを突き止めました。

意外なところでは、早産にも関与しています。妊婦には歯周病患者が多く、低体重児早産は歯周病菌が血液を介して子宮に影響を与えた結果引き起こされるというのです。他にも食道がんとの関連を示唆する研究も、国立がんセンターから報告されました。ストレスが歯周病を発症させるとの説もあります。

当院では歯周病治療にレーザー治療を行っています。

複雑な形態の歯周ポケットの細菌をなくしていくことは、通常のスケーラーでは難しいです。そこで当院では、どんな形態の歯周ポケットでも細菌を死滅させられるレーザー治療を導入しております。レーザーの光と熱により、深いポケットにある細菌も死滅させる事が出来ます。また、炎症組織をレーザーで蒸散させることにより、歯茎の治癒をうながし、歯根との再付着を促進させることができます。

PMTC(予防治療)の紹介

PMTCで口腔内をケアしていきましょう

毎日すみずみまでみがいているつもりでも、 歯ブラシの届きにくいところなど、どうしても汚れが残りやすいところができてしまいます。そうしてできたバイオフィルムを、歯科医や歯科衛生士ら専門家が専用の器具とフッ化物入りペーストを用いて清掃。歯の表面や歯と歯ぐきの境目などにいる悪い細菌を徹底的に取り除きます。

PMTCは今から約30年前、口腔ケア先進地といわれる北欧で提唱・システム化された方法で、現在まで多くのリサーチに裏付けられて着実に臨床実績をあげています。

その他当院で行っている予防歯科治療

ブラッシング指導

むし歯や歯周病の原因のほとんどは、ブラッシング不足によるものです。よくいわれるように、「磨いている」と「磨けている」には大きな差があり、患者さまはしっかり磨いているつもりでも、歯と歯の間や奥歯の裏側などに歯垢が残っている場合が多く見受けられます。
当院では、おひとりおひとりのお口の状態や歯並びに最適な歯ブラシを提供し、マンツーマンでのブラッシング指導を行っています。

ハイドロキシアパタイトナノ粒子塗布で虫歯、歯周病予防

ハイドロキシアパタイトナノ粒子は歯には、歯の石灰化を促したり、細菌の活動を抑えたりする効果があります。定期的にハイドロキシアパタイトナノ粒子を塗布することで、むし歯や歯周病を予防することができます。とくに、歯質の弱いお子さまに用いることで大きな効果をもたらします。

定期健診

とくに痛いところがなくても定期的に来院していただくことで、将来起こりやすいむし歯や歯周病を早期発見できます。症状が出る前に来院することが大切です。

大切なお子さまの治療

「不安にさせない。」安心してもらえる環境作りに努めています。

歯科医院というのは大人が思っている以上に、お子さまにとって未知でこわい場所です。実際のところ、恐怖や不安があると痛みは何倍にも増えてしまいますので、お子さまの治療でもっとも気をつけることは、「不安にさせない」ことにつきます。そのため当院では治療に入る前にお話をしたり、器具に慣れたりしてもらい、「この歯科医院は、安心できる」とお子さまが認識してから治療に入るようにしています。

小さなころから通うことが大切です

よい歯並びでむし歯や歯周病などに悩まされずに生涯を過ごすためにもっとも必要なことは何だと思いますか? それは、お子さまのころから適切な歯科治療や予防を受けることです。大人になり歯列が出来あがってからではできない治療がたくさんあります。「生涯の歯の健康は、幼少期のケアが左右する」ということを覚えておいてください。

大切なお子さまのお口の中の健康を保つ為に

最近のお子さまは、やわらかい物を中心に食べているため、顎の発達か不十分なケースが多いようです。そのために口の中に十分なスペースが育たず、歯が重なりあうようになり歯並びが乱れることがあります。すると口を閉じにくかったり、口周りの筋肉が育たなかったりといった理由で、口呼吸になりやすくなり、姿勢の乱れや免疫の低下など、全身の疾患につながることがあります。「お口の中からお子さまの健康を守る」という意識のもと、なるべく早いご来院をお勧めしています。

治療を頑張ったお子様にご褒美を

当院では治療を頑張って受けたお子様には様々なご褒美を用意しています。最近では流行りのカードも取りそろえているので、喜んでもらえたら私たちも嬉しいです。

楢原クローバー歯科 TEL:042-625-8241(はによい)
アクセス 診療内容 歯周病治療 歯ぐきから血が出る、口臭が気になる方へ スマートデンチャー 痛みがなく、外れにくく、見た目の綺麗な入れ歯 スタッフブログ 歯科医院のロコミサイト ご案内メールアドレスの登録予約キャンセルの手順について ご案内メールアドレスの登録予約キャンセルの手順について コード